トリートメントを効果的に使うには Rotating Header Image

トリートメントのオススメ

トリートメントは髪の毛の表面のみに効果のあるリンスやコンディショナーと違い、髪の毛の中に浸透をしてその効果を発揮しますので、傷んだ髪に悩んでいる人にはおススメなヘアケア製品なのです。
ではどんな場合に髪の毛が痛むのでしょう。
それは髪の毛の中の水分量が大きく関わってきます。
人の身体には適度な水分が必要ですが、身体の一部である髪の毛も同様であり、適度な水分が失われてしまうと「痛んだ状態」となってしまうのです。
その水分が失われてしまう要因としてはパーマやヘアカラーによる髪へのダメージ、そして洗髪後に使用をするドライヤーの熱風、そして日々の生活の中でも夏の暑い日差しや冬の乾燥という直接的なダメージだけでなく、ストレス社会といわれるような現代社会ですので、ストレスによっても間接的ではありますが髪へのダメージはあるのです。
そうしたダメージにより傷んだ髪はキシキシと軋んだり、パサパサとまとまりがない、抜け毛、切れ毛といった症状が現れてきます。
このように髪の毛の中まで痛んでしまった髪の毛に対しては、髪の毛の表面だけをケアするリンスやコンディショナーではその効果を得る事はできません。
まずは髪の毛の中のダメージを回復する事が必要となるのです。
その時に役に立つのが髪の毛の中にまで浸透して効果を現す「トリートメント」なのです。
一度ダメージを受けて痛んだしまった髪の毛は自然に元に戻るという事はありません、トリートメントにより必要な栄養素、または保護をする事で元のハリやコシのある髪の毛に修復をする事が可能なのです。
ですので、パーマやヘアカラまたはドライヤーなどで痛んだしまった髪の毛に悩んでいるという人は、自分の髪の毛の状態にあったトリートメントを探して使用をする事をオススメします。
もちろん痛んだしまった髪の毛だけでなく、髪の毛を痛みから保護するという観点からも、髪の毛に充分な栄養素を与えるトリートメントは効果的ですので、ヘアケアのひとつに加えたいものです。