トリートメントを効果的に使うには Rotating Header Image

季節の変わり目にトリートメントを使ってダメージを防ぐ

普段、シャンプーとコンディショナーを使っています。
コンディショナーはリンスとトリートメントどちらもの効果があると聞き、1本で2役してくれるなら助かると思っているから使っています。
でもやっぱりコンディショナーだけでは、季節の変化や体調、冷房や暖房などの空調関係で髪のダメージを防ぐことができません。
そんな時は集中ダメージ補修用のトリートメントを使っています。
使う頻度としては、上記の場合のみなので、それほど多くありませんが、一度使い始めると最低1週間は使い続けるようにしています。
1度限りでは、なかなか髪の補修は完全にできないですし、かといって毎日ダメージケア用のものを使う必要はないと思っているので、せいぜい1週間が良いところだと感じています。
ただし、やる場合はしっかり時間をとって、よくなじませ、ラップとタオルをして蒸し状態にしてよく浸透させるようにしています。
1週間やるのはちょっと大変な時は、ラップと蒸しタオルは2日に1回やっています。
それでも効果は十分感じられます。
でも、時間があれば毎日やった方がもっと効果は早く出ますよ。
洗い流した後は、リンスで髪の表面をコーティングするようにしています。
ドライヤーの熱で栄養が外に出てしまうこともあると聞いたことがあるので、仕上げのリンスは必要です。
おかげさまで、ドライヤーした髪はすごくまとまりやすくなっていますし、翌朝もスタイリングがしやすくて助かっています。