トリートメントを効果的に使うには Rotating Header Image

髪のダメージが気になるときはトリートメントを使用します。

カラーやパーマをしていると、髪のダメージが気になります。
さらに、ドライヤーの熱やこれからの季節は紫外線によるダメージで髪を傷める機会が増えていきます。
時間のある時はサロンを予約して、トリートメントをしてもらうのですが、子どもも産まれて中々自分の時間が取れなくなりました。
そういう時は、市販のトリートメントを購入して使用しています。
市販品の中で私が好きなのは、パンテーンといち髪です。
パンテーンは、私の髪質に良く合うのか使うとサラサラになり、指どおりがとてもよくなります。
ただ、少しベタつきが気になるのであまりたくさんの量を使わずに毛先を重点的にケアしたいときに使用しています。
毛先につけた後は、少し時間をおいてから流します。
余裕があり、ゆっくりお風呂に入れるときにはラップを使用してラップパックにして念入りにケアをしています。
いち髪は、香りが好きで愛用しています。
こちらを使うときは、髪全体に使用します。
根元から毛先まで、全部のケアをするときはこれに決めています。
香りが好きなこともあり、とてもリラックスできるので、シャンプーをした後に髪全体につけてそのまま湯船につかりながら10分ほど待っています。
もちろん、時間に余裕のある時はこちらの製品もラップパックと合わせたケアをしています。
自宅で出来るケアには限界があると思いますが、やるとやらないとでは大違いだと思います。
実際にケアをすることによって指どおりが変わっているので効果を実感しています。
サロンに負けない市販品は、セルフケアにもってこいです。
いつでもきれいな髪でいたいので、これからもケアを続けていきたいです。